出島 昇
東洋経済研究所所長。
出島オフィス代表取締役社長。
1949年長崎市生まれ。長崎大学経済学部を卒業後、地元のサービス企業に勤務。仕事の無理がたたって30才の時、病気で倒れる。
31才で九州大学大学院へ入学。大学院へ行きながら企業の社長室長をつとめ当時パチンコのチェーン展開を企画し日本で5本の指に入る売上に貢献。
大学院終了後、大学講師とサラリーマンの2足のワラジ。大学院時代に株式投資を始め1億数千万の含み益。友人の連帯保証となるがバブル崩壊で、株価暴落もあって破産寸前となる。
その時、柴田罫線と出会いその手法を使って1年で1億円近い儲けを生み出し借金を返済。それを本にした「サラリーマンの私が株で大成功した」がベストセラーになる。それから柴田罫線を普及させるために(株)オフィス出島という投資顧問会社を設立し現在に至る。
月刊宝島の3大マネー紙“ベストアナリスト”評価で5年連続ベスト4(04-08年)入り。
九州大学大学院経済学研究科博士課程終了。元長崎外国語短期大学及び長崎女子短期大学講師。